留学生を1名正社員採用いたしました。

2018年5月11日



アウルの灘村です。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎてしまい、気温がまだ安定していません
が、

アウル本社では、クールビスのポスターが貼られ男性社員はノーネクタイで業務に
入っています。

表題にもありますが、アウルでは4月より金沢大学大学院を卒業された

留学生を1名正社員として採用し毎日の業務に入っていただいてます。

彼女は、学生時代から充分にアウルのスタッフとして様々な仕事に入っていただいて
いました。

そして先日の新留学生交流会でも、会社の顔として、留学生の先輩として、両者の橋渡し役をしてもらいました。

経済社会の国際化・グローバル化に伴い、外国人雇用が増加しています。

そこで日本に留学している外国人は高度な専門知識や技術を有する人材として

日本企業にとっては将来を担う重要人材になる可能性を含めています。

大卒以上を対象とする高度外国人材の採用の実績(予定を含む)企業が2016年度は
38.1%に対し、

2017年度の採用見込みは59.8%とおおよそ2倍の数字を示していることが判ります。

日本で留学している外国人は新卒採用として非常に期待できる率先力です。

入社して1カ月半を過ぎ、聡明で活き活きと働く彼女を、アウルでは、皆頼もしく
思っています。

アウルでは、たくさんの留学生が登録しており、就職やアルバイトを紹介しておりま
す。

1人でも多くの優秀な留学生が石川県や北陸の地元企業に就職できますようにと

アウルでは、毎日頑張っております。優秀な外国人を採用やアルバイトにと検討され
ている企業の経営者の皆様ぜひアウルに連絡をお待ちしております。