紫陽花の季節

アウルの灘村です。
いつも私のブログを読んでいただきありがとうございます。

紫陽花

梅雨真っ盛り、庭の雨に濡れた紫陽花に心を潤わせてもらっています。
忙しい時でも美しいものを見て立ち止まる事で、仕事の良いアイディアが生まれています。

5月に法務省より在留資格「特定技能」の登録支援機関として認可を受ける事ができ、アウルでは日本語教育事業の展開を計画しています。

留学生や外国人の優秀さを再認識し、彼らが希望する日本での就職を積極的に応援することで、
私共は日本で活躍できる人材を輩出したいと考えています。
ご興味のある団体様・企業様、ご連絡をお待ちしております。


今日はアウルスタッフで中国人留学生のリ・シンカ君を紹介いたします。

彼には社内の翻訳スタッフとして頑張ってもらっています。
日本語が堪能な金沢大学 新学術創成研究科の理系男子です。
趣味は日本語の勉強とVRの研究だそうです。

リ シンカ君の出身地は甘粛省蘭州市出身。人口は372万人、名古屋に似ている工業都市で、黄河が流れているところだと彼から聞きました。

常ににこやかでいる温厚な性格と最先端のVRの研究は結び付かないところがありますが、彼からは中国の雄大な土地に育てられたスケールの大きさを感じます。

彼のように優秀な留学生が金沢にいて交流できる事が将来の財産になると信じています。